スポンサーリンク

ヌメリササタケを採ろう!

最強クラスのヌメリとしっかりした歯応え|ヌメリササタケ


ヌメリササタケ(フウセンタケ科・発生地:針葉樹林、広葉樹林の地上)
柄が長くしっかりとした大きめのキノコで、傘は灰褐色。
全体が厚い粘膜状のヌメリに覆われていて、傘も柄もとにかくヌルヌルです。


傘は最初はまんじゅう型で後に平らに開き、大きく成長すると少し反ります。
この写真を見てもわかる通り、少し地面に置いただけで土などがヌルヌルにくっついて取れなくなってしまいます。
ビニール袋に入れるなどして、他のキノコと接触しないようにして腰ビクに入れておいた方が良いです。

 
幼菌のうちは傘の大きさに対して柄がだいぶ長いバランスです。


しっかりしたキノコですが、指で押したり傷付けたりするとその部分が紫色を帯びます(黄色矢印)。水で洗ってもヌメリは全く取れず、ゴミが落ちにくいです。

ヌメリササタケのキノコランク

見つけ易さ★★★★
判別し易さ★★★★★
美 味 し さ★★★★

 

ヌメリササタケと間違えやすいキノコ

ヌメリササタケと間違えるようなキノコは特にありません。

ヌメリササタケの美味しい食べ方

おすすめ調理法:八宝菜、味噌汁、鍋物、酢の物など。
強いヌメリとゴリゴリというくらいしっかりした歯応えが魅力のキノコです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました