スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウドのかき揚げ

シャキシャキ食感と瑞々しさがたまらない|ウドのかき揚げ

【材 料】

  • ウド…250gほど(別途葉の部分だけあれば追加)
  • むき海老…100g
  • 小麦粉…適量
  • 酢…小さじ1
  • 水…適量
  • サラダ油…適量

捨てるところがない山菜、茎も葉も一緒に


これは山ウドではなく、実家の畑で栽培したものなので、白い部分が長いです。
スーパーで売られているものもこんな感じですが、山ウドの場合はもっと短いので同じ量作ろうと思えば本数は多くなりますね。

 
茎の部分は1cmほどの小口切りに。
葉は4cmくらいの食べやすい大きさにザク切り。

 
切ったウドは30分ほど冷水に浸けたあと、水を切っておきます。
むき海老は1cmほどにカット。
今回はサラダ用の海老(茹でたもの)を使いましたが、出来れば生海老の方が美味しいです。

最初に小麦粉をまぶして、からっと揚がる衣を作る

 
材料を全部ボウルに入れ、小麦粉をある程度入れてかき混ぜます。

 
材料全体に粉が回ったら、酢小さじ1と水を少し加えてかき混ぜます。
様子を見ながら少しずつ小麦粉と水を足していきます。
※酢を少し入れると、衣がべたつかずからっと揚がります。


このくらいになればちょうど良いと思います。

 
お玉にタネをバランス良くまとめて乗せ、160℃に熱した油にそぉっと入れて揚げます。
具材がしっかりとくっつくまでは触らないことです。
具材がまとまったら、裏返して油温を180℃に上げてさらに揚げます。
油を切ったら出来上がり。


今回の材料ではこの倍量(かき揚げ6個)の仕上がりとなりました。
小口切りにした茎の部分のシャキシャキとした食感と瑞々しさがいいですね〜。
そして、葉の部分は山菜らしい風味があって美味いです。
あとはビールさえあれば、最高です!


もちろん、天ぷらうどん(そば)にしても。

コメント

タイトルとURLをコピーしました