スポンサーリンク
スポンサーリンク

キンチャヤマイグチを採ろう!

柄の独特の模様が特徴|キンチャヤマイグチ


キンチャヤマイグチ…(イグチ科・発生地:シラカバ林など高地の林の地上)
艶のない茶色っぽい傘と、黒いつぶつぶのある柄が特徴のキノコ。シラカバの木がある林など比較的高い山の林の中に生えます。


傘は黄土色から茶色をしていて、艶はありません。


傘の縁は膜状になって管孔部からはみ出た感じになります(赤矢印)。
このキノコの特徴はなんといっても柄の黒くて細かいつぶつぶ(細鱗片)です(黄色矢印)。


傘裏の管孔はかなり細かく、やや灰色を帯びた白色。


柄と管孔との付け根はこんな感じ。
柄を切ると断面が黒く変色しますが、火を通すと元の白っぽい色に戻ります。


この写真の右側のものは近縁種のヤマイグチだと思われます。
柄の特徴は同じですが、傘の色が灰色がかったくすんだ茶色をしてして、縁は膜状にはみ出てはいません。柄の断面は白色で変色はしません。

ヤマイグチは大きくなったものは煮ると溶けたように形がなくなってしまうので、なるべく幼菌を食べるようにすることと、火をしっかり通さないと中毒を起こすので必ず茹でこぼしてから調理しましょう。

キンチャヤマイグチのキノコランク

見つけ易さ★★★★
判別し易さ★★★★
美 味 し さ★★★

 

キンチャヤマイグチと間違えやすいキノコ

上記の通り、近縁種のヤマイグチが似ていますが、他に似ているキノコはありません。

キンチャヤマイグチの美味しい食べ方

おすすめ調理法:汁物、煮物など。
その他、傘はグリルや茹でてワサビ醤油で、柄はスライスしてソテーにも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました