スポンサーリンク

コウタケの炊き込みご飯

醤油のようは芳香がたまらない|コウタケの炊きこみご飯

141025コウタケご飯01 141025コウタケご飯02
乾燥コウタケをぬるま湯に浸けて戻します。今回は丸ごと干しましたが、小さく裂いてから干した方が乾きも早いし、戻しやすいですね。
水が黒くなったら一回捨てて、もう一度ぬるま湯に浸けて黒くなった水を捨てます。
コウタケをきれいに洗います。漏斗状になって窪んでいる部分に泥などが付着している場合があって、きれいに洗わないと苦味が出ることがあります。
戻ったら小さく切ります。これを一度水から茹でてから使います。
今回は戻した分全部だと大量になっちゃうので、半分くらいをご飯用にして、残りは煮物に。

141102コウタケご飯20
米3合を研いで、昆布出汁を白米を炊くときの水量と同じだけ入れます。
そして、日本酒大さじ3、醤油大さじ3を入れ、その上に具材を乗せます。今回はコウタケと鶏肉とニンジンです。後は普通に炊くだけ。

141025コウタケご飯05
炊きあがったら、かき混ぜて出来上がり! う〜ん、いい香り!


コリコリとしたコウタケの歯ごたえと、口の中に広がる香りがたまりません。
これは本当にコウタケならではの炊き込みご飯です。


今回はお届けするので、油揚げに詰めていなり寿司風にしてみました。こちらはうまいことはうまいんだけど、油揚げの味が強くて、コウタケの香りが薄れちゃった感じ・・・まぁ、好評だったから良しとしよう。

コウタケは、天ぷらでもうまいと聞いたことがあるから、試してみたいと思います。
でも、生だと中毒をおこすらしいから、火は良く通さないといけませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました