スポンサーリンク

ウラベニホテイシメジと秋鮭のチーズ焼き

秋が旬の食材の一つ鮭。
塩鮭は年中食べられるけど、新鮮な生の鮭を食べられるのは今だけ。秋鮭の美味い食べ方と言えば、ちゃんちゃん焼き。野菜やきのこをたっぷり入れて、味噌とバターで、最高ですね!
ただし、ホットプレートを使って、大量になっちゃうので、もっとこぢんまりとして、手軽にできて美味しいヤツをウラベニホテイシメジと一緒に試してみます。

ウラベニホテイシメジと秋鮭のチーズ焼き(2人分)

・ウラベニホテイシメジ…大きいの1本
・生鮭切り身…2切れ
・もやし…1/2袋
・玉ねぎ…1/2個
・オリーブオイル…少々
・塩…少々
・コショウ…少々
・とろけるチーズ…2つかみ

151001ウラベニ鮭マヨ焼き03 151001ウラベニ鮭マヨ焼き02
まず、ウラベニホテイシメジを洗って、さっと下茹でします。
アルミホイルの上にもやしを敷きます(たまたま残っていたので笑)。

151001ウラベニ鮭マヨ焼き04 151001ウラベニ鮭マヨ焼き05
もやしの上に鮭を置き、その周りをスライスした玉ねぎとウラベニホテイシメジで囲み、オリーブオイルを少したらして塩コショウを少々振ります。
アルミホイルを舟形に折って成形し、市販のとろけるチーズをひとつかみずつ、振りかけます。

あとは、230℃で予熱したオーブンで15分ほど焼きます。


完成です!
熱々にとろけたチーズが、鮭やキノコに絡んで、うまーい!!
これは、キノコじゃなくて鮭が主役の「魚」カテゴリーの料理じゃないの?なんて言わないでね。ウラベニホテイシメジという天然キノコを使ってるところが重要なんだから(笑)

ウラベニホテイシメジは、クサウラベニタケ(毒)と間違う可能性があるので、山を歩いていても採らずに残っていることが多いんですよね(両者の判別方法はこちら)。
今年はウラベニホテイシメジを結構採っていろんな料理に使ってますが、この料理は、スーパーで売ってるブナシメジ、エリンギ、マイタケ、シイタケ、どれを使っても美味いと思いますよ。

上記の、「スーパー四大キノコ(スーパーで売っているキノコ)」はクセもなくどんな料理にも使いやすいですね。さすが大量に栽培して売ってるだけありますね。今はシメジというとブナシメジですが、昔はヒラタケをシメジと言って売ってましたね。私は、ブナシメジよりヒラタケの方が美味いと思うので、ちょっと残念(T_T)
最近、シモフリヒラタケというのが売られるようになって、買って食べてみましたがなかなかイケました(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました