スポンサーリンク

焼き魚や焼き肉にフキ味噌を添える

相性抜群!|焼き魚や焼き肉にフキ味噌を添える

まずはフキ味噌をつくろう!

【材 料】

  • ふきのとう…100gくらい
  • 味噌…大さじ4
  • 砂糖…大さじ1〜2(好みによって調整して下さい)
  • みりん…大さじ1
  • 日本酒…大さじ2
  • 塩…ひとつまみ

150403フキ味噌01 150403フキ味噌02
フキノトウをきれいに洗い、枯れた葉などは取り除きます。そして、しばらく水に付け、アクを少し抜きます。この写真は前回のものなので、ちょっと多めです。実際にはこの8割くらいで100gかな。

150403フキ味噌03 150403フキ味噌04
合わせ味噌を作ります。味噌大さじ4、砂糖大さじ3、みりん大さじ1、日本酒大さじ2を混ぜ合わせます。これも前回の写真なので、逆に少なめに写ってます。今回は日本酒も追加してみました。

150403フキ味噌05 150403フキ味噌07
沸騰した鍋に塩をひとつまみ入れてフキノトウを入れ、1分くらいさっと茹でます。
ザルに上げ、軽く絞って水気を切り、みじん切りにします。
みじん切りにして放置しておくと茶色っぽく変色してくるので、手早く次の工程に入ります。

★2019.3.24追記
いろいろテストをしてみて、フキノトウの鮮やかな緑色を保ったままのフキ味噌の作り方がわかりました。詳しくはこちら

 
刻んだフキノトウをフライパンに入れ、合わせ味噌も入れて、へらなどで混ぜながら煮詰めます。フキノトウから出てくる水分が飛べば完成です。
冷めたらタッパーに入れて保存。
芳ばしい香りがして、う〜ん、うまそう!
これを熱々のご飯に乗せて食べると最高なんですが、たまたま兄が伊豆へ行ってそのお土産に鯖の干物を買ってきてくれたので、それと一緒に食べることにします。

ふき味噌は焼き魚や焼肉に添えてもうまい。

 
かなりうまそうな鯖の干物。
サバやアジの干物は、この辺りのスーパーでも売っているけど、やっぱり本場で買ってきたものは全然違う。

皮目を焼いたら、おーうまそう!
反対側も焼いてふき味噌を添えます。


サバの干物はうまいにきまってるし、それにフキ味噌をプラスしたら最高にきまってる(笑)

最近ノルウェー産のサバの干物がよくスーパーに並んでいて食べたこともあります。
あれは脂はものすごく乗っているけど、なんだか身が締まってないというか、だらっとしていてイマイチなんですよね。

その点、このサバは肉厚で身が締まっていて最高!
鯖の旬はたぶん晩秋から冬だと思うけど、そこは大目に見て下さい(笑)


ほぐした身にフキ味噌をのっけて口に運ぶと、旨みをたっぷり含んだサバの身にほろ苦い春の風味が加わって抜群にうまい!!
ちょびっと日本酒呑んじゃった(^_^)

干物じゃなくて生の魚に薄く塩を振って、ふき味噌を載せて焼けば味噌の香ばしさが加わってうまいと思いますよー。
実は、魚じゃなくて焼肉にふき味噌を載っけて食べると、これまた最高なんですよ。

★後日追記:
アジの干物とフキ味噌を和えて、サンドイッチを作ってみました。詳しくはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました