スポンサーリンク

葉ワサビの粕漬け

日本酒のアテや白飯のお供に|葉ワサビの粕漬け

葉ワサビ…450g
・酒粕…750g(板状のやわらかいもの)
・砂糖…100g
・みりん…150cc
・塩…小さじ1

160502葉ワサビ粕漬け01 160502葉ワサビ粕漬け02
葉ワサビはきれいにあらって、枯葉などゴミをとりのぞきます。
80℃のお湯を沸かします。

160502葉ワサビ粕漬け03 160502葉ワサビ粕漬け04
お湯に10〜15秒さっと浸けて、すぐに冷水で冷やします。

茹でて刻むだけじゃ、辛くない。

160502葉ワサビ粕漬け05 160502葉ワサビ粕漬け06
1cmくらいに細かく刻みます。
塩小さじ1/2を振って良く揉みます。

160502葉ワサビ粕漬け07 160502葉ワサビ粕漬け08
密封容器に入れて、冷蔵庫で一晩寝かせます。
寝かせることで辛みが出ます。

160502葉ワサビ粕漬け09 160502葉ワサビ粕漬け10
酒粕750gに砂糖100gを入れてかき混ぜます。
今回は使いませんでしたが、すり鉢を使うとやりやすいですね。
みりん100gを入れて良くかき混ぜ、残り50ccを様子を見ながら加えて柔らかくなるまで混ぜます。

160502葉ワサビ粕漬け11 160502葉ワサビ粕漬け12
仕上がりは味噌くらいの柔らかさですね。
一晩寝かせておいたワサビを加えてよくかき混ぜたら完成です。

160502葉ワサビ粕漬け14 160502葉ワサビ粕漬け15
保存用の容器を用意します。今回は、3箇所に届けるのでビンを三つ。
スプーンでビンに詰めます。なるべく空気が入らないように少し入れたら下に押さえつけるようにして入れていきます。

160502葉ワサビ粕漬け17
出来ました!
残りはタッパーに入れて自分用にしました。
ちょっと食べてみると、お土産で売っているものと遜色ない出来でした。
まろやかな酒粕にワサビのツンとくる辛みが利いて最高です!
日本酒のアテにも良いし、白飯にのせて醤油をちょっと垂らすのもいいですよー。

今回は3箇所分の量を確保しなくちゃなので、粕を多めにしました。
まぁ、お土産で売っているのはこんな感じなんでこれはこれで良いのですが、ワサビを前面に出すならワサビと酒粕は同量くらいで作ればいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました